新規のクライアントさんとの面談準備


ITエンジニアが案件を取るための新規のクライアントさんとの面談の準備

ITエンジニアが新規のクライアントさんとの面談の準備をする場合、以下の点に注意することが重要です。

  1. クライアントの業界やビジネスモデルについて理解する

クライアントの業界やビジネスモデルを理解することは、クライアントのニーズを正確に把握するために必要です。事前に業界情報や市場動向、競合情報などを調べ、クライアントのビジネスに関する知識を深めておくことが大切です。

  1. クライアントが抱える課題や問題を洗い出す

面談の目的は、クライアントが抱える課題や問題を把握することです。クライアントの話をよく聞き、何が問題であるか、どのような課題があるのかを洗い出しましょう。それによって、クライアントのニーズに合わせた提案ができます。

  1. 自分自身が持っているスキルや経験について整理する

クライアントが抱える問題を解決するためには、自分自身が持っているスキルや経験を理解しておくことが必要です。自分自身がどのような技術や知識を持っているのかを整理し、クライアントの問題に対してどのようにアプローチできるかを考えておきましょう。

  1. 提案内容や見積もりなどの準備を行う

面談での提案内容や見積もりについては、事前に準備しておくことが必要です。クライアントの問題に合わせた提案を考え、それに対する見積もりを作成しましょう。また、クライアントが求める条件や要件に対して、どのように対応できるかを検討しておくことも重要です。

以上の点に注意して、クライアントとの面談に臨むことが大切です。クライアントのニーズに合わせた提案を行い、信頼関係を築くことが成功の鍵となります。

海外でのリモートワークでも円滑に作業を進めれることをどう説明したらいいですか?

リモートワークでも円滑に作業を進めることができる理由を以下のように説明することができます。

  • 「私は、遠隔地からでもチームとのコミュニケーションを取ることが得意です。ビデオ会議、チャット、メールなど、様々な手段を使い分かりやすく、適切なタイミングでコミュニケーションを取るように心がけています。」

    タイと日本の時差は2時間です。日本での始業時間が10時であればタイは8時です。
    部屋でリモートで仕事をする分通勤に時間がかからないぶん朝8時から仕事を始めることができます。
  • 「私は、オンラインツールを活用することで、リモートワークでも作業を円滑に進めることができます。Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Slack、Backlogなどの共有ツールを使い、チームメンバーとの情報共有やタスク管理を行うことができます。」
  • 「私は、リモートワークでもプロジェクトの進捗管理をきちんと行います。進捗状況の報告や締め切りの管理など、プロジェクトのスケジュール管理には特に気を配っています。」
  • 「私は、自己管理能力に自信があります。リモートワークになると、自分自身が自己管理を行う必要がありますが、私はデッドラインを守ることができ、自己管理能力を高めることができます。」
  • 「私は、リモートワークでも適切な作業環境を整えることができます。

私がPHPのベテランだと説明するにはどう答えたらいいですか?

「私は、PHPを長年にわたって使用してきた経験があります。」
IT歴は1995年くらいなのでかれこれ27年になります。
PHPは2000年くらい使ってきたので22年になります。
最初は主に掲示板として利用していました。
要件定義や詳細設計、サーバー構築も得意です。

オープンソースのSNSのOpenPNEやWordPressを主に使用してきました。
OpenPNE3系はSymphonyを使用しています。
.ASPやRuby on Railsも業務して使用してきた経験があります。
JavaやC言語は業務で使用はしていないですが、IT講師として教えていた経験があります。

拙書がAmazonにあります。
https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E7%94%B0%E7%AB%AF-%E5%8E%9A%E8%B3%A2/s?rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E7%94%B0%E7%AB%AF+%E5%8E%9A%E8%B3%A2

「私は、PHPで様々なウェブアプリケーションを構築し、それらをリリースしてきました。」

OpenPNEをカスタマイズした様々なWebアプリケーションがあります。

「私は、PHPの開発に関する深い知識と経験を持っています。」

Dockerやwsl2によるローカルでの環境構築を行っています。
エディターはvscodeまたは秀丸を使っています。

WordPressのプラグインをいくつか私のgit上に公開しています。

権限に応じて表示・非表示を行います。
https://github.com/screny/author_list_none

https://github.com/screny/author_list_none

コンテンツのPCとスマホを分岐するショートコード
https://github.com/screny/switch_short_code

「私は、PHPのフレームワークやライブラリに精通しており、多くのプロジェクトでそれらを活用してきました。」

直近の案件で、LaravelとFuelPHPを使ってサイトのカスタマイズを行いました。

「私は、PHPのバージョンアップやアップグレードについても経験があり、安定したシステムを維持するために必要な対応を取ることができます。」

zabbixでサーバーの監視と管理を行っています。

現在でも保守している占いSNSのサーバーの
CenOSのgit及びミドルウェアのバージョンアップを対応しました。

これらの回答は、PHPの言語や開発に関する深い知識や経験を持ち、プロジェクトの開発や維持に必要なスキルを持っていることを表しています。

PHPのレベル感の確認

PHPのレベル感を確認するためには、以下のような質問をしてみると良いでしょう。

PHPをどの程度使用したことがありますか? 例えば、簡単なスクリプトから大規模なウェブアプリケーションまで、どのようなプロジェクトでPHPを使用してきたかを聞いてみることができます。

PHPのどのバージョンを使用していますか?
最新バージョンについては把握しているか、または実際に使用したことがあるかを聞いてみることができます。

PHPは現在7.x系から8.x系への移行が推奨されています。

PHP8へのアップデート時の注意点

PHP8への移行を行うことによるメリットは非常に大きく、利便性が高いと言えます。
今回のアップデートについて、非常に良い意見が多いのも確かなようです。
その一方で、アップデートに伴い、各種仕様変更がどうしても出てきてしまうため、実際にPHP8への意向を始める前に、その影響をしっかりと確かめておくことが大事です。
PHP8へとアップデートを行うと、下位互換性がない変更への対処がどうしても必要になってしまい、移行時の対処が正しくできなければ、機能面に問題が生じてしまうことになるでしょう。
PHP8へのバージョンアップに際し、どういった検証を行うべきなのかを解説します。

1.エラー修正を行うこと
2.構文エラー修正を行うこと
3.開発サーバーを立てた上で検証を行うこと

PHPのフレームワークやライブラリを使用したことがありますか?

例えば、LaravelやSymfonyといったフレームワークや、PHPUnitやPHPUnit Mock Objectといったテストツールを使用した経験があるかを聞いてみることができます。

ウェブアプリケーションのセキュリティに関する知識はありますか? SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングといった攻撃について、適切な対策を講じたことがあるかを聞いてみることができます。

PHP以外のプログラミング言語を使用したことがありますか?

例えば、PythonやJavaScriptといった言語を使用した経験があるかを聞いてみることができます。

スクレイピングにPythonを使っています。

WordPressブロックエディターのカスタマイズにReactを使用しています。

これらの質問を通じて、PHPのレベル感やスキルレベルを確認することができます。

Bio

田端厚賢

名前:田端厚賢(Atsuyoshi Tabata)

WordPressを中心に企業様から委託を受けてサイトやサーバーの保守・管理、システム開発を行っています。

2019年10月からタイのバンコクに移住し、リモートワークを開始しました。

プロフィール詳細
Web制作依頼の詳細
お問い合わせはコチラ