wsl のコマンドを教えてください。

WSL (Windows Subsystem for Linux) は、Windows 10 以降の環境で Linux ディストリビューションを実行できるようにする機能です。
以下は、WSL を操作するためによく使われる基本的なコマンドのリストです。

  1. WSL のインストールと設定
    • wsl --install: WSL とデフォルトの Linux ディストリビューションをインストールします(Windows 10 version 2004 以降で使用可能)。
    • wsl --set-default-version <バージョン>: デフォルトの WSL バージョンを設定します(1 または 2)。
  2. Linux ディストリビューションの管理
    • wsl --list --online または wsl -l -o: インストール可能な Linux ディストリビューションのリストを表示します。
    • wsl --list または wsl -l: インストールされている Linux ディストリビューションのリストを表示します。
    • wsl --set-version <ディストリビューション名> <バージョン>: 特定のディストリビューションの WSL バージョンを設定します。
    • wsl --set-default <ディストリビューション名>: デフォルトの Linux ディストリビューションを設定します。
    • wsl --unregister <ディストリビューション名>: ディストリビューションを WSL から削除します。
  3. WSL セッションの操作
    • wsl: デフォルトの Linux ディストリビューションを起動します。
    • wsl <コマンド>: デフォルトの Linux ディストリビューションで指定したコマンドを実行します。
    • wsl -d <ディストリビューション名>: 指定したディストリビューションを起動します。
    • wsl --terminate <ディストリビューション名> または wsl -t <ディストリビューション名>: 指定したディストリビューションの WSL セッションを終了します。
  4. ファイルシステムの操作
    • Windows から Linux ファイルシステムにアクセスするには、\\wsl$\<ディストリビューション名>\ のパスを使用します。
    • Linux から Windows ファイルシステムにアクセスするには、/mnt/<ドライブ文字> のパスを使用します(例: /mnt/c は C ドライブに対応)。

これらのコマンドは WSL の基本的な操作に関するもので、より高度な機能や設定については Microsoft の公式ドキュメントやヘルプコマンド (wsl --help) を参照してください。

Bio

田端厚賢

名前:田端厚賢(Atsuyoshi Tabata)

WordPressを中心に企業様から委託を受けてサイトやサーバーの保守・管理、システム開発を行っています。

2019年10月からタイのバンコクに移住し、リモートワークを開始しました。

プロフィール詳細
Web制作依頼の詳細
お問い合わせはコチラ