タイでの生活

上記の画像は、私が契約したコンドミニアム屋上のジャグジーとプールです。

バンコクの家賃相場

facebookのフレンドのFujioka Yutaさんからいただいたアドバイスで、

タイの現地の人は、バンコクだと4000バーツ~8000バーツ、
つまり、日本円で15000円~25000円くらいの家賃で家具付きのアパートに住んでいるそうです。

私はMRT直結の新築の15000バーツのコンドミニアムを契約しました。
(表向きの家賃は、21000バーツなのですが彼女がオーナーと直接交渉してくれてディスカウントされました。)

東京の家賃を考えれば、30000バーツや50000バーツのコンドミニアムでもよかったのですけれどね。。1LDKが2LDKになるぐらいです。

彼女が5000バーツのアパートを解約してすぐに引っ越してきました。(笑)それこそ秒速です。

彼女が炊事や掃除、洗濯、アイロンがけ、私の身の回りのすべてをやってくれるので、これはこれで、快適です。

タイの物価

物価のわかりやすい指標として、マクド指数とかあります。

スーパーで売られている カップラーメンの価格が12バーツ、40円でした。

若い人の1人生活なら、月5万円の収入でも楽勝かもしれません。

リモートワーク

動画編集やホームページ作成を請け負えば、
リモートワークでも短時間で月20万円以上で楽に稼げるはずです。
ベストは、サイトの管理やサーバー管理などの保守業務を請け負うことです。トラブルを起こさないように毎月きちんと管理していけばいいので、積み上がり型のビジネスになります。

語学学校

リモートワークやサイトやサーバーなどの保守などで、日本にいるより 空いた時間を利用して、英語やタイ語、中国語も学ぶこともできます。

学生ビザで語学を勉強しながら楽に生活するのがいいんじゃないでしょうか?

語学×IT×海外生活はとてつもない武器になるはずです。

海外輸出入代行

例えば、せどりあるいは物販ですが、日本だと競合がひしめきあっています。
日本と海外では、内外価格差があります。
日本で高い物、日本では安い物、
タイで高い物、タイでは安い物が存在します。

そして、商品の売れ筋がわかれば、自由に商品の転売ができます。

自分が商品の仕入れや販売のリスクを負いたくないのであれば、バイヤーになって買い付けや日本の商品を仕入れて海外で売ることもできます。

これからタイ移住をされる方、検討される方にとってお役にたてればと思います。

Bio

田端厚賢

名前:田端厚賢(Atsuyoshi Tabata)

WordPressを中心に企業様から委託を受けてサイトやサーバーの保守・管理、システム開発を行っています。

2019年10月からタイのバンコクに移住し、リモートワークを開始しました。

プロフィール詳細
Web制作依頼の詳細
お問い合わせはコチラ